住宅ローンHousing loan

住宅ローンの種類

住宅ローンは、大きく分けて下記の3つの種類に分類されます。住宅ローンを選ぶ際には、あなたとあなたの家族のライフスタイルに合わせて借りるのが最大のポイントです。

3つの分類された住宅ローンの特徴を、簡単にまとめてみました。参考までにご覧ください。

1.全期間固定金利型

特徴 借り入れたときに全期間の金利が確定する。

※フラット35など

メリット ・借り入れ時に返済額が確定するため計画が立てやすい。

・低金利時に借りた場合、将来にわたってその恩恵が受けられる。

デメリット ・高金利時に借りると、将来的に金利が低下した場合の恩恵を受けられない。

 

2.固定金利期間選択型

特徴 「当初5年間◯%」など、一定の期間だけ固定金利が適用される。

※民間金融機関で多く取り扱われている

メリット ・当初の固定金利期間の返済は確定する。

・将来的に金利が低下した場合には、返済額が減少する。

デメリット ・固定金利期間終了後の返済額が不明。

・将来的に金利が上昇した場合には、返済額が増大する。

 

3.変動金利型

特徴 金融情勢の変化に伴って定期的に金利が変動する。

※民間金融機関で多く取り扱われている

メリット ・低金利時には、さしあたっての返済額が少ない。
デメリット ・将来的な返済額が不明。

・将来的に金利が上昇した場合には、返済額が増大する。

・金利が上昇した場合には、未払い利息が発生する場合もある。

 

住宅ローンの見直し

繰上返済

 

元本の一部を返済すること。

「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。

借り換え

 

現在返済中の住宅ローンを、他の金融機関の住宅ローンに借り換えること。

借り換えに対応可能な『フラット35[保証型]』という商品もあります。

 

どのような見直しをした方が良いかは、ケースバイケースです。

あなたのライフプランに合った、住宅ローンの見直しをアドバイスさせていただきます。

ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

ご相談、お申し込みはこちら。相談無料 TEL 024-922-6988

 
to pagetop